So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ
子供とともに(更新ほぼ停止中) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

アクショップでヘラクレス [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

 昨日、水草でも買おうと思い、銀座のはずれにある「パウパウアクアガーデン」に行った。子供も一緒だった。熱帯魚の面白さに目覚めてまだ数ヶ月の私だが、基本的なノウハウや器具・設備一式のハードルを越えて、そろそろ関心が水草に移りつつある時期なのである。キューバパールグラスの緑の絨毯に憧れるが、それを実現するにはこれまで水槽に置いた流木や中・後景の水草をある程度整理しなければならない。それにまた新たな装置も必要になる。水槽専用のクーラーを買ったときは、かみさんは黙認してくれたが、そうそう見過ごしてくれるとは限らないだろうし、水槽をリセットするのも手間がかかりそう。この際、エビとテトラを別の水槽にして、いや、そうするとまたクーラーを購入しなきゃ・・・・。いろいろと悩みは尽きないのである。



 と、自分の世界に浸りきっていたのだが、私が水草の前で動かないでいる間に、子供が二階にあがって見つけてしまったのである。アクラガーデンの二階の一角にある昆虫コーナーを。そしてその中でもひときわ目を引く巨大なヘラクレス大カブトを。いや、それ以上に怪しい魅力で子供の目を釘づけにしたのは、成虫の横にいた乳白色のなまめかしいヘラクレスの幼虫だった。

 彼は、一瞬で悩殺されてしまったようである。確か二年ほど前、熱海の駅前の土産物屋でゴム製の「カブト・クワガタセット」を買ったときから彼の心の奥底にひそかに芽生えていた願望が一挙に顕在化したのだろう(ナンノコッチャ)、幼虫の前から動こうとしない。もうこうなると、何を言っても効かないのは目に見えていた。「今日はお金の持ち合わせがないんだよ」と言ってみたが、「じゃ、予約すればいいじゃん」と切り返された。もっとも、この嘘が通用すると、水草も買えないことになるから、自縄自縛と言うものだ。10分ほど押し問答をした挙句、私は、水草はあきらめて、子どもの意を優先することにした。この手の可愛い頑固さには屈服してあげるしかない。2000円弱の出費だったが、高いのか安いのかわからない。ネットで見たらもっと安く買えることが判明したが。

 カブトムシは、別にきらいではない。2年前に八甲田山の近くの道の駅で売っていたペアの幼虫を買って家で育て、何匹も成虫に孵したこともある。ただし、熱帯魚と違って、ほとんど何もしなくてもいいので、つまらない。それに可愛げがない。愛着が湧きにくい。いわば「もののあわれ」がない。それに、帰って調べたら、ヘラクレスは幼虫でも、身も蓋もないほど馬鹿でかくなるようだ。画像検索をして見つけた幼虫の写真は、ちょっと想像以上で驚いた。「もののあわれ」がないどころじゃないぞ、これは。http://totokakafamily.naturum.ne.jp/e724537.html



 ともあれ、家のベランダで虫かごにマットを入れて幼虫を入れる。このかごも、すぐに小さくなってしまうのかな? ひょんなことで、家のメンバーが増えたわけだが、さてどうなることやら。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

連休の終わりと夏休みの開始 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]



 個人的には6月から7月にかけては多忙を極め、それがようやく終わろうとして一息つけた連休だった。したがって、何もしたくなかったし、実際何もしないに等しかった。わずかにしたと言えるのは、水槽にクーラ―を取り付けたことと読書を除くと、日曜日にビッグ・サイトで行われた「おもちゃショー」に子供と行ったことくらいか。



 午前中に行ったので、まだ混んではいなかった。色々なおもちゃのメーカーのブースがひしめく中、わが子の興味は、ベイブレードにしか向けられていなかったようだ。タカラトミーのブースに一目散に向かい、ブレーダー同士の対戦などには目もくれず、お目当てのベイブレードをゲットしたとたん、「もう帰ろうよ」とのたまったのだ。これじゃ、都営線とゆりかもめを乗り継いでビッグ・サイトまで来た甲斐が全然ない。始めから大きなおもちゃ屋に行っていれば良かった・・・OTL・・・













 気を取り直して、帰りは浜松町まで水上バスで帰った。終着の日の出桟橋は披露宴を行ったクルーズの発着地。行く時にゆりかもめで通過した芝浦近辺は、かつて住んでいた場所。レインボー・ブリッジの入り口のところでふと見たら、一時期入居しようかどうか迷った「ループM」が目に入った。あ、まだ健在だったのか、ふーん。世間的には高級マンションとして通っているようだが、実際に入ってみると狭いし暗いし、仲介人は性質が悪そうだったし・・・・・・。そんなことが思い出される。でも、子供と一緒にいると、そういう過去がとても遠いものに感じられてしまうなあ・・・(実際、10年以上も前のことだからねぇ)。三越の地下に立ち寄ってうなぎを買って帰った。



 



 





 さて話は変わるが、子供は、あと少しで夏休みに突入。自分にとっては、夏休みに何をして毎日を過ごしたのか、もうほとんど思い出せない。やたら長かったことだけは覚えているが・・・。子供の姿を見て追体験することにしよう。今日子供は、毎日のスケジュール表を作っていた。毎日ダラダラ過ごすことを恐れるママの意向が強く反映されたスケジュール表。絵に描いた餅になることは目に見えている? さてさて、どうなることやら。それに一回は親子での旅に出なければなるまい。これもまだ何も決めtないな・・・・



 








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上智大学に行く [子供とともに(更新ほぼ停止中)]



 都営浅草線から浅草橋で総武線に乗り換えて四谷に。個人的には四谷も上智大学もまったく縁がない。今日は、子供の漢字検定8級の試験につき合って来たのだ。















 向こうからの人波がすごい。「実用フランス語」検定の試験の受験者のようだ。フランス語がこんなに人気があるのが意外。資格をとってもそれほど活かす道があるように思えないのだけれど・・・。私も趣味で何かにチャレンジしてみようかしら。















 

 ボードに貼ってある紙で教室を確かめる親子と試験前の教室風景。前回、拓殖大学での漢字検定に行ったときも記事にしたが(http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2010-02-07)、その時よりはこじんまりした教室でしたね。



















 前回の9級は楽勝だったみたいだけれど、それで少し慢心したのか、今回はあまり勉強をしてなかったみたい。根拠のない自信のおかげで(時には)痛い目を見るのは、私自身もそうだったから、大目に見なければ。まあ、結果がどうでも大したことではないし。帰りに銀座の博品館に寄って、ベイブレードのパーツを買った。依然として飽きる気配がないようだ OTL



 













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さかなやのおっちゃん―詩の朗読 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

 もう5月の半ばをすぎたということは、子供にとっては、二年生になってひと月と半分以上すぎたということになるわけですが、ふしぎと学校ネタがありませんでした。幸いなことに担任の先生が繰り上がりで、クラス換えなどがあったわけでもないので、ありがたいことに、平穏に時間が流れていただけなんですが。


 去年も、折に触れて担任の先生は音読の練習として有名な詩を紹介してくれたけれど(http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-07-17http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-09-16などなど)、今年も遅ればせながら第一弾が届いたので紹介しましょう。畑中圭一のものは、別の作品をここで取り上げたことがありましたねえ(http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-12-29)。

 でもやっぱり、子供にとって関西弁を口にするのは照れがあるというか、気恥ずかしさに負けてしまっていますね。


 「
  さかなやのおっちゃん   
                 はたなか けいいち


 さあ こうてや こうてや
 ててかむ イワシやでぇ
 おてて かみまっせ
     ほんまかいな 
     おっちゃん

 
 さあ こうてや こうてや
 とれとれの イワシやでぇ
 まだ およぎまっせ
    そんな あほな
    おっちゃん

 
 さあ こうてや こうてや
 ぴんぴんの イワシやでぇ
 ぴぴんと はねまっせ
      もうやめとき
      おっちゃん  
                                」    






(すみませんが、この音声ファイルは現在再生できません)

1.jpg








 




5月の第2日曜日 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

  昼すぎ、子どもと一緒に上野松坂屋に行く。 あまり、というか全然縁のない婦人服売り場をしばし散策。 篠原涼子さんお勧めの‘Reflect’のコーナーに差し掛かる。そこの柱の周りを何周かぐるぐるした。慣れない買い物は疲れるな。

3.jpg

1.jpg



  ・・・で地下の食料品店に行く前に、屋上に行って一休み。さすがに、子どもはもうアンパンマンの車に乗ってはしゃぐほどの年齢でもないだろう・・・と思ったが、一回だけ乗りたいというので、百円を渡した。私は、熱帯魚を少し見る。

2.jpg



  ちょっと写真でも撮っておこうと思って、ポーズをとってもらう。そうそう、そんな風にして渡すんだよ。はい、パチリ。(ちなみに、買ったのは、上から二番目の写真に写っている縞々のチュニック(と言うらしい)。行き当たりばったりの買い物にしては、まあ良いものに出会えたのではないかと思う)

4.jpg


  地下で食糧を買い込んで、本来なら広小路から銀座線で直帰できるはずなんだが、どうしてもヤマシロヤに行きたいというので、歩いて上野駅前に。やれやれ。もう何度来たかしれない、ヤマシロヤ一階奥のベイブレードのコーナーへ。

  ヤマシロヤでは、去年の秋くらいから継続的にベイブレードを買い続けている。このブログでも1月にちらりと登場している(http://miks2.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11)。

  実は、ここ2ヶ月ほどは来ていなかった。ママが口をすっぱくしてもう二度と買うなと言い続けてきたことが効を奏したのか、もういい加減熱も冷めたのかと思っていたが、そうでもなかったのか。私は、買おうが買うまいが大したこととは思っていないので、子どもが買いたいといえば買うつもりだった。子どもは、あれこれ見比べてベイブレードの箱を手にとってそれをレジに持っていくようなそぶりを見せては止めるということを何度か繰り返した。何度か逡巡した後で、彼は何と「ママが駄目って言うから、買わないでおくよ」と言ったのだ。ふ~ん、ちょっと大人になったのかな、あるいは、彼の中でついにママが勝利を収めたと言うべきなのかな。






 


八景島シーパラダイスに行ってきた [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

  子どもへのサービスの一環として、潮干狩りに続いて八景島シーパラダイスに行った。

   水族館には割りとすんなり入れた。ものすごく混んでいたけど。しかし、考えてみれば、水族館を見たければ、上野でも、池袋でも、品川でも良かったんだけどね。



・水槽に君臨するサメ
1.jpg


・形態的には一番面白いクラゲ。見ていて飽きない。飼ってみたいと一瞬思う。ネットで検索すると、実際飼っている人が少なからずいるようだ。
2.jpg


・ 乱舞するイワシ。盲目的なエネルギーを感じるが、それでいて均整が取れているんだから不可思議。
5.jpg


・ 子どもが一番見入っていたのはキャベツを食べる巨大なカメ。カメは沢山いたので野菜価格高騰は痛いだろうな、などとつまらないことが頭をよぎる。
6.jpg



   さて、水族館を一回りして、イルカのショーへ。12時少し前だったが、12時の回はもう満員札止め状態。次は1時半から。私としては帰りたかったが、子どもは「見たい」という。そこで待つことにした。40分ほど待って入場できた。まあ、それほどの苦痛でもなかったか。やきそば、アメリカンドック、から揚げ等を買ってつまんでいると、ほどなく開演。


  スピードを生かしたバンドウイルカに始まって、芸達者なアシカ。
7.jpg


  下の写真は、客席からアシカめがけて輪を投げるアトラクションに参加した男性への拍手喝采。立錐の余地のない客席がお判りになるだろう。
8.jpg


  その後、セイウチに続き、セミファイナルだが主催者側として目玉として売り出したい「シロイルカのシンクロダンス」。ただ、これは、練習がまだ足りないのか、たまたま息が合わなかったのかは知らないが、演技が決まらず会場もどんよりとした空気に。イルカが演技を決められなかったとき、競演のインストラクターが舌打ちをするような顔をしたのを、私、見逃しませんでした。シロイルカ、このシンクロの構成、共演者のすべてがまだ熟していないようだなあ。

  でも、シロイルカは、終わった後、けなげにも前に進み出てお別れのお辞儀をするのを忘れなかった。無理な演技は求めないでやさしくしてあげてね。何かとデリケートな問題に発展しかねない関係なんだから、イルカと日本人って。

4.jpg



  最後は、定番のカマイルカによるジャンプ。鴨川シーワールドでも、品川のアクアスタジアムでも、フィナーレはやはりこれ。

3.jpg



・・・・という訳で、あっという間に30分は終わってしまった。まだ、チケットは余っていたのだが、もうガス欠状態に近づいていたのでおとなしく帰った。八景島に行ったのは正解だったかどうかを頭の中で反芻しながら・・・・

私は連日の遠出で疲れていたので、9時にはベットに入って速攻で寝たが、子どもは何気に11時まで勉強していたとか。お~、偉くなったなあ。













木更津で潮干狩り [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

  4月にほとんど遊んでやれなかった見返りに、木更津に潮干狩りに行ってきた。

  大きな橋を渡って降りる際に、潮干狩りの人がびっしりいる一区画が見えた。

1.jpg



  靴と靴下をサンダル履きに換えて、いざ出陣(ちなみに大人1400円、子ども700円かかる)。海水はもう温い感じだが、風が強かった。実は、潮干狩りは生まれて初めての経験だったりする。なぜかこれまで縁がなかった。来た以上は一個でも多く貝をもって帰らなければと言わんばかりの面持ちで必死に取っている人が多かったが、肌寒いのと、腰に負担がかかるのとで、30分程度で切り上げようかなという気になる。しかし私が言い出す前に、子どもの方が「もう帰ろうよ」と言い出した。親以上に執着心がないようだ。
 
2.jpg


  こういうだだっ広い海の風景はなぜか記憶に残るものがあるのではないか? 私の一番古い記憶の一つは、母親に連れられて海岸か浜辺を歩いたときのもの(3歳か4歳のときだったような)。前後の脈絡はまったく覚えていない。日常の景色とは違っていたので脳裏に刻印されたのだろうか?  そうだな、子どもにも、この日のことが記憶に留まっていてくれれば嬉しいな。

3.jpg 






 


ゴーゴーミッフィー展に行った(らしい) [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

  妻と子どもは朝からゴーゴーミッフィー展に行ったらしい。昼は、三越の特別食堂で食べたらしい。私は家で将棋と囲碁を観戦。

  去年もそうだったが、今年のわが家は、GWにどこかに遠出するということはしない。一つには、妻が某国家試験の勉強があるせいだが、別の理由としては、なにもこんな込む時期に行かなくてもねという思いもある。時期をずらして行けばいいんだし、それに近場には出かけるわけだし(明日は潮干狩りに行く予定)。とにかく、今日はのんびり過ごした。

 で、二人は銀座松屋のミッフィー展に行って、タオルを買ってきたらしい。わが子は、スヌーピーのマンガに出てくる、ブランケットが手放せないライナスに似ていて、ミッフィーのタオルは寝るときの必需品である(旅先にもって行くほどではないが)。しかし長年の酷使のために(7年使った?)もうボロッちくなった第一号の後釜としての第二号は、少しフワフワすぎるなあ。見ているうちに、ちょっと酷使してやらないとなという気持ちが湧き出てくるのであった(タオルの取り合いなどという他愛ない遊びを良くするのです)。


・ミッフィー第一号

1.jpg

・ミッフィー第二号

2.jpg


・ミッフィー展のチケット(案の定とても混雑していたらしい)

3.jpg







 


広場で野球 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

  久しぶりに近くの運動場に隣接した広場に行って、子どもとキャッチボール&バッティング練習。 この4月は大変忙しかったから、休日に子どもと一緒に遊ぶのは久しぶりに感じる。


  一緒に野球をして思ったのは、う~ん、下手だな、ということ。

  打つほうはともかく、すこし速い球はとれない。私が小学校低学年の思い出といえば、野球ばっかりしていたこと。したがって、その時の対外試合での活躍はいまだに記憶に残る輝かしい戦歴、ではある。それに比べて・・・・

  だけど、そういう比較はほとんど意味がないと思う。 私は他にすることがなかったから野球をやっていたまでで、上手くなるのは当然のことだった。だけれど、わが子は、水泳、空手、サピックス、英語等々、とりあえず他にたくさんやることはやったし、まだまだ妻はやらせたいことがあるようだ。いま挙げたうちで、英語と空手はこの冬に止めた。先生との相性とかあったようだ。水泳も止めたがっているようだ。どうも、運動はそれほど得意とはいえないようだ。私も妻も、男の子だから、運動をやらせなきゃという発想はもっていない。私自身、中学まで野球をやっていたけれど、その後の人生にプラスになったことなんて何もなかったしね。

  さて、それはともかく、スカイツリーを正面に眺めながらの広場は気持ちがよかった。少年野球のチームが試合に備えてキャッチボールをしている。やがて隣の球場に入っていった。親たちがいっぱい見守っていた。

  こういうチームに子どもが入ってプレーする姿を見るのを夢見るのは心惹かれるものがないわけではないが、ただ実際問題大変なのだそうだ。同じマンションで、子どもが野球チームに入った一家の人から聞いた話だが、練習には必ず親が付き添わなければならないのだそうだ(これは、低学年だけなのかもしれないが)。その家は、土日は奥さんが不在がちで、おのずと付き添いは旦那の役目になることが多い。それが結構大変だと旦那はこぼしていたが、そりゃそうだろう。私なら御免だな。


1.jpg








7回目の誕生日 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

昨日は子供の7回目の誕生日だった。万事が型どおりに進み、欲しいものがすべて手に入って子供はご機嫌のようだった。めでたし、めでたし。

7年前の26日は、もう暑いくらいに春の陽気が全開だった。上野の永寿総合病院の病室から裏庭の桜をよく眺めていたのを思い出す。

下の写真は、生後数時間目の子供の写真。この7年間は、私自身にとっては平凡な時間の流れにすぎなかったけれど、ほとんど無の状態から今の姿に変貌を遂げた子供のことを考えると、奇跡のように見えないこともない。願わくは、いつまでもあの時のことを忘れずにいられることを。いや、これは願望というより責務なのだが。


1.jpg

2.jpg











前の10件 | 次の10件 子供とともに(更新ほぼ停止中) ブログトップ