So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

もっとアベノミクスを [海外メディア記事]

  『ニューヨーク・タイムズ』に「日本経済の処方箋?」という記事が出ていると知ってクリックしてみると、何と一コマ漫画だった。しかし、よくよく見ると含蓄深い漫画だということが判る。

http://www.nytimes.com/2014/11/24/opinion/heng-the-prescription-for-japans-economy.html?mabReward=RI%3A6&action=click&pgtype=Homepage®ion=CColumn&module=Recommendation&src=rechp&WT.nav=RecEngine




24heng-master675.jpg





 安倍首相と医師が、重症患者(日本経済を表わしている)を救急車に運び入れているところだが、しかし、よく見ると救急車にはタイヤがなく、ブロック状の台座に乗っかっているではないか。つまり、この救急車はどこにも行かない車なのである。


 漫画の脇に、「もっとアベノミクスを(More Abenomics)」という、たぶん首相が発したと思われる言葉が書かれている。

 作者はHeng Kim Song。毒のある作風のために『ニューヨーク・タイムズ』が謝罪表明に追い込まれたこともあったようだ。しかし、いまだにHengの漫画を掲載しているところを見ると、同紙はHengの毒を気に入っているようだ。


 たしかに、アベノミクスは、日銀を動かし国際金融市場での円の価値を大きく毀損することで、輸出企業に多大な利益をもたらした。しかし、それだけのこと。その恩恵を一般国民のレベルにまで浸透させる政策はほとんど何もせず(土建屋国家の伝統にしたがって公共事業は沢山しましたけどね)、大企業以外では「失われた数十年」のトレンドは変わることなく続いている。要するに、一般国民のレベルに立ってみれば、アベノミクスは動かない救急車をこしらえただけなのだ。

 これから選挙になり、「もっとアベノミクスを」といった言葉が連呼されるのを耳にする毎日が続くことになるのかと思うにつけて、私としては今から非常に気分が重い。









コメント(2) 

コメント 2

武尊43

この救急車の周りには何時も雨がシトシトと降っているんだろうなァ、、。
6月の雨のように憂鬱な気分にさせられる雨が、、。
そういえばもう11月も終わるというのに、この頃の関東は曇りと小雨が続いているよ、、。
憂鬱だなぁ、、。
こまま自民公明が勝っちゃって、全てが進んじゃうんだろうなァ、、。
オリンピック終わった頃には兵役も始まっていたりして、、。
そして皆が言うんだよね。「こんな筈じゃなかった、、。」ってね。
何時もそうなのさ。
何か大きな事が起きた後になって大騒ぎするのさ。
でも直ぐに忘れて、お上の言う事には逆らえないって言い出して終わるのさ。
でもね、フクシマは何も終わっていないよ。
だってその頃になったって1~3号機の使用済み燃料もまだ取り出せていないもの。
コントロールも出来ちゃいないさ。
だってその頃になっても溶けた燃料何所に有るか、皆目分かっていないものね、、。
by 武尊43 (2014-11-30 06:23) 

MikS

 おっしゃるとおりです。またしばらくして、このコメントのことを思い出すことがあるかもしれません。そうならなければ良いのですが。
by MikS (2014-11-30 14:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。