So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

あなたは良い親か? [海外メディア記事]

 イギリスの『ガーディアン』紙に載っていたコラムを紹介する。

 「あなたは良い親か?」。七つの設問に答えることで、答えが判るという。設問に答えて最後まで至る人は、イギリス流のウィットに触れた気持ちになるにちがいない。


 ちなみに、途中で出てくる「テスコ(Tesco)」とは、イギリス国内最大手のスーパーのこと。アメリカのウォルマートのようなものだろう。テスコの日本法人の株式の過半はイオンが取得したそうだ。

 勉強しないと、テスコ(または、ウォルマート)でしか働けなくなるぞ、といった脅し文句がよく使われるのだろう。日本では、「イオンくらいしか働き口がない」といった言い回しはないと思われるが、それは、日本人は慎み深い(?)ので、さすがに、これほど露骨な差別表現にはためらいを覚えるからだろうか? 



Are you a good parent? Do my quiz and find out


Tim Lott
The Guardian, Friday 14 November 2014 13.01 GMT

http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/nov/14/are-you-a-good-parent-do-my-quiz





 あなたは良い親か? 以下の設問に答えれば答えが見つかる。

 言い争いをしている子供たちの声をかき消すためにテレビの音量を上げますか? いじめっ子をいじめ返せと子供に言いますか? あなたは本当はゴミのような親なのでは?


A-boy-and-a-girl-fighting-009.jpg
 子供たちがケンカしたり、野菜を食べるのを拒絶したり、休日に宿を予約して泊まったのにそれに不平をもらしたりするとき、あなたはどうしますか? 




 子供をもっている皆さん、自分はどれほど子供の育て方がうまいのだろうかと思ったことはありますか? 私が考えたアンケート「私は良い親か?」を最後まで答えて、その答えを見つけてください。



1. あなたはテレビを見ているところです。ののしる言葉や悲鳴やドスンという音や泣き声が二階から聞こえてきて、TVを見る楽しみが台無しになってしまう。子供たちがケンカしているのだ――またか。そのとき、あなたは


a) テレビの音量を上げ、子供の声が聞こえないようにする。そして、それだけが、子供たちが争いを解決するようになる唯一の方法なのだと思う。

b) 二階に行って、静かに彼らを座らせ、何が正しいことかの複雑さを説明し、大人らしいなだめるような口調で争点を解決する。

c) 子供を怒鳴りつける。




2. あなたの息子あるいは娘は、炭水化物や砂糖や脂肪を多く含む食べ物――子供たちが好んで食べる唯一の食べ物のグループ――の隣の皿に盛りつけた緑黄色野菜をほんの少しでも食べることを拒否する。食事のたびに毎回これだ。そのとき、あなたは

a)ビタミンのタブレットを一個与えてあきらめる。そして、仕方ない、たかが食事なのだと思う。

b) バランスの良い食事をとる事がなぜ良いことであるか、そして野菜を食べることは中流階級の善良な子供がしなければならないことであることを根気強く説明する。

c)子供を怒鳴りつける。




3. あなたのパートナーが容認できないと見なすことを、あなたの子供が行ったばかりのところである。ただし、あなたは、それは大したことではないと思っている。パートナーは、子どもを激しくしかり始める。そのとき、あなたは


a) 子供のためを思って間に入る。

b) パートナーが間違っているとあなたが思っている場合でも、パートナーの側につく。

c) 両者を怒鳴りつける。




4. 学校の成績表が届く。あなたの子供の成績は去年よりも下がっている。そのとき、あなたは

a) 厳しい口調で、もうゲームは止めろ、さもないと、テスコ(Tesco)で働くはめになったり、もっと悪いことに、テスコの食べ物しか食べられなくなるぞ、と言う。子供がため息をついたりガッカリした素振りをしても見て見ぬふりをする。

b) 所詮、たかがテストなのであって、人間の価値は成績書で測られるわけではないと子供に言いきかせる。子供がため息をついたりガッカリした素振りをしても見て見ぬふりをする。

c)教師に会いに行き、教師を怒鳴りつける。




5. あなたの子供が、学校で別の子供にいじめを受けていると告げる。そのとき、あなたは

a) やり返せと言う。いじめっ子は弱い者ばかりを狙うのだと。

b) がまんしろと言う。結局いじめは飽きられるのだし、好きにさせてやれと言う。

c) 連中を怒鳴りつけてやれと言う。




6. あなたは休日にわざわざ大金をはたいて子供たちと旅行に出かけた。しかし、子供たちは全然楽しんでいない。一緒に遊べる子供もいないし、食事は豪華すぎるし、することが沢山あるわけでもないし、子供たちは、――声にだして繰り返し――家にいてTVゲームをしていたかったな、と言う。そのとき、あなたは

a) 肩をすくめて聞き流す。そして、子供とはそういうものなのだからと思う。

b) あまり楽しくなかったことを詫び、もっと楽しめるように努力することによって、その経験をポジティヴなものにするように最善をつくす。

c) なぜ旅行に行こうと話をもちかけたんだといってパートナーを怒鳴り、なぜ感謝しないんだといって子供を怒鳴り、何で近くにいるんだといってリゾート・スタッフを怒鳴りつける。




7. クリスマスの日である。床にはプレゼントが山と積まれている。しかし、子どもたちの気持ちは、受け取った楽しいプレゼントに向かうのではなく、欲しかったあれもこれもないといって不平をこぼす。あなたは堪忍袋の緒が切れそうになる。ついに、あなたは「ビッグ・プレゼント」の包みを、大きな歓声があがるに違いないと思うプレゼントの包みをあける。しかし、子供たちの顔は曇っていく。そして、めそめそ泣き始めるのだ。そのとき、あなたは

a) 返品して、新年に別の最高のものを買ってあげるからと約束する。

b) クリスマスは贈り物ばかりではないことを根気強く説明する。子供がため息をついたりガッカリした素振りをしても見て見ぬふりをする。

c) 全員を怒鳴りつけ、全員から怒鳴りつけられる――そして、結局、クリスマスとはそういうものなのだと思う。




 結果: ほとんどがAだった人――あなたはゴミのような親だ。
      ほとんどがBだった人――あなたは何も判っていない。
      ほとんどがCだった人――あなたはバカだ。




                                          」(おわり)




コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。