So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

 「不信心者」=「売国奴」  イスラム国(ISIS)=百田尚樹 [海外メディア記事]

二つのニュースを目にした。

一つ目 :

史上最年少で2014年ノーベル平和賞に決まったパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(17)=英バーミンガム在住=は10日、「(受賞は)終わりではなく、始まりに過ぎない」と述べ、改めて女子教育の普及に向けた決意を語った。だが、受賞決定を受け、パキスタンのイスラム武装勢力は11日、マララさんを「不信心者」と非難する声明を発表。武装勢力の襲撃にも信念を曲げず、故国の教育改革を訴え続けてきたマララさんの活動は、平和賞を得てなお正念場が続く。
http://mainichi.jp/shimen/news/20141012ddm002040164000c.html


二つ目 :

NHK経営委員で作家の百田尚樹氏が短文投稿サイト「ツイッター」で故土井たか子元社民党党首を「売国奴」などと批判した問題で、浜田健一郎経営委員長は14日、委員として発言したわけではないとしながらも「日本では、亡くなった方を畏敬の念でお送りする風土がある。そういう意味ではちょっと違和感がある」と不快感をあらわにした。
 同日行われた委員会後、報道陣の質問に答えた。百田氏は委員会に出席したが、他の委員から発言に関する意見は出なかったという。
 この問題で社民党は、党への誹謗(ひぼう)中傷にあたるとして百田氏にNHK経営委員を辞任するよう求めている。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20141014-1381958.html


 たぶん、最初のニュースで、マララさんに対して「不信心者」と呼んだ集団と、第二のニュースで「売国奴」という言葉を使った人物は、それほどかけ離れた心情の持ち主ではないだろうし、たぶん同じような人間だろう。だいたい、 「不信心者」と「売国奴」は、同じような意味の言葉であるし、そんな言葉を平気で使う人間も同じような質の人間であろう。特定の人間に包み隠すことのない敵意を抱き、どれほど下劣な言葉を使うことも辞さないという人間。


 ちなみに、第一のニュースで問題になった集団は、「イスラム国(ISIS)」に参加したという。
http://www.asahi.com/articles/ASGBG5WKNGBGUHBI01Z.html?iref=comtop_6_04


したがって、次の等式が成り立つ、と言える。


「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」 = 「イスラム国(ISIS)」 = 百田尚樹







コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。