So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

ロサンゼルスのラーメン・ベスト10 [海外メディア記事]

 アメリカでもラーメンの人気はすっかり定着した感がある。ランク付けに興ずる人が出始めたことが何よりの証拠。“LA WEEKLY”という情報サイトに「ロサンゼルスのラーメン・ベスト10」なる記事を見かけたので紹介する。

 もっとも、きちんと訳すのはベスト3だけで、後は順位を示すだけにしよう。ラーメン好きでロスに行く人は参考にしてみてください。




10 Best Ramen Shops in Los Angeles

By Amy Scattergood Thu., Nov. 7 2013

 
http://blogs.laweekly.com/squidink/2013/11/best_ramen_los_angeles.php
http://blogs.laweekly.com/squidink/2013/11/best_ramen_los_angeles.php?page=3
http://blogs.laweekly.com/squidink/2013/11/best_ramen_los_angeles.php?page=4








 ロサンゼルスのラーメン・ベスト10



第10位: Shin-Sen-Gumi (8450 E. Valley Blvd., Rosemead) 
第9位: Daikokuya (327 E. First St., downtown)
第8位: Asa Ramen (18202 S. Western Ave., Gardena)
第7位: Yamadaya (3118 W. 182nd St., Torrance)
第6位: Silver Lake Ramen (2927 W. Sunset Blvd., Silver Lake)
第5位: Jidaiya (18537 S. Western Ave., Torrance)
第4位: Men Oh Tokushima Ramen (456 E. Second St., Little Tokyo)




第3位; ウメノヤ・ラーメン・カンパニー(Umenoya Ramen Company (24222 Crenshaw Blvd., Torrance))

umenoya-ramen-2-thumb-560x420.jpg



 ウメノヤは、テーブルが4つしかない素っ気ない店舗で、トーランスのクレンショーのはずれにあるミニ・モールにひっそりとあるラーメン店で、サービスは控え目で実務的だ。まあ、この場所では大声を出して「いらっしゃい」とか「またどうぞ」とは言えないわけだが。だがラーメンは際立っている、だから、店の人は(大きな)どんぶりにありとあらゆる努力を注ぎ入れているのだろう。ラーメンの選択肢は多いが、最も注目すべきは二郎風のラーメンだろう。こってりしたトンコツのスープに、すばらしい麺はアルデンテでまたとないほど太く、それにチャーシューとたくさんのキャベツと、みじん切りした白タマネギと気前よく大量のニンニクが載っている。別のラーメンもあって、その中には最近追加された辛味噌ネギラーメン(それに玉子とチャーシューと細く切った豚が載っている)がある。





第2位: ラーメン・イロハ(Ramen Iroha (1740 Artesia Blvd., Gardena))

iroha-ramen-amy-thumb-560x420.jpg



 日系のマーケットやフードコートには美味いものが必ずあることは信じていいことだ(しばしば不思議になるほどそうだ)。それはたぶん、日本では駅から歩いてすぐのところに多くのものがある必要があるからなのだろうが、日用品が買える所には、必ずと言っていいほど美味い寿司屋やラーメン屋があるのだ。このことはガーデナにあるマルカイ・マーケットには確かに当てはまることで、そこでは、チェックアウトの行列やカートの近くの小さなスタンドから、この街の最高のラーメンの一つが注文できるのだ。ラーメン・イロハは、インクのようなブラック・ラーメンで有名だ。その濃厚なスープは大豆や黒豆等をベースにしていて、東京ラーメンショーで数々の賞を受賞した。日用品でいっぱいのショッピング・バッグに脚をもたせかけて、あきれるほど美味いラーメンを食べることに勝るものは何もないのだ。(デザートには抹茶ポッキーがでる)。






第1位 ; ツジタ L.A. (Tsujita L.A. (2057 Sawtelle Blvd., Los Angeles))

tsujita-ramen-amy-2-thumb-560x405.jpg



 ツジタ――と、ラーメンが出されるランチ・タイムにはいつ行っても出来ている長蛇の列――が当地にやって来たのがちょっと前の2011年の夏だったとはしばしば信じられないように思われるのだが、定期的にここに並んでいる人にとって、この2年は禁断症状が出るのには充分長い時間だった。東京ラーメンの専門店のロサンゼルスの支店であるツジタは、博多風の麺に輝き与え、趣向を加え喉ごしの良いように調理し、長時間煮込んで十分乳化しているが煮つめすぎないスープに合わせて出している。もし望めば、チャーシューと玉子を加えたり、お好みで、紅生姜やピリッとする辛子高菜を加えることができる。一人前は多すぎず、玉子は半熟状態で、ドンブリ全体のオーケストレーションは完璧だ。ツジタ・アネックスが今年の前半に通りの向こう側で開店したとき、これで少しは行列が短くなるだろうと思えたのは束の間だった。行列が短くなることはなかったし、それには十分な理由があった。もっと美味いラーメンのためならば、飛行機でやって来るのも構わないという人もいるからだ。






」(おわり)





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。