So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

香川真司デビッド·モイーズに不満を募らせる [海外メディア記事]

 イギリスのマスコミで香川が取り上げられることはあまりない。
 今年はほとんどプレーしてないのだから当然だが、そこそこ試合に出ていた昨年もあまり取り上げられることはなかった。地味な存在に留まっている。
 珍しく『ガーディアン』紙に取り上げられていたので読んでみたら、やはりあまり熱のこもってない内容。通信社の記事に少しだけ上乗せした内容で、終りの方はダービーマッチと警備の話題にシフトしている。このまま存在感の薄い選手で終わってしまうのだろうか?
  



 
Manchester United's Shinji Kagawa frustrated by David Moyes' stance

By Jamie Jackson

theguardian.com, Tuesday 10 September 2013 18.59 BST

http://www.theguardian.com/football/2013/sep/10/manchester-united-shinji-kagawa-david-moyes





 
  デビッド·モイーズの方針に不満を募らせるマンチェスター・ユナイテッドの香川真司



• この日本のMFはより多くの出場機会を望んでいる
• 今月のエティハド・スタジアムでのダービー・マッチには厳重な警戒態勢が敷かれる




Shinji-Kagawa-right-has-h-008.jpg
マンチェスター・ユナイテッドのMF香川真司(右)は、デビッド・モイーズの下で出場機会が得られないことに不満を募らせている





 香川真司は、今シーズンのリーグ戦でデイビッド・モイーズが自分を起用しない理由については、モイーズに聞いてほしいと語り、このMFが出場の機会がないことに不満を募らせていることを認めた。


 モイーズが夏にユナイテッドの監督になって以来、香川は、2-0で勝利したイングランド・スーパーカップの対ウィガン戦で後半投入されたときのたった7分間しかプレーしていない。

 
 モイーズは、香川は試合勘を取り戻している最中だと語っていたが、その後、国際マッチのための中断期間に入る前の1-0で敗れた対リバプール戦では、ナニの方がサブとして望ましいと考えた。その後、香川は3-1の勝利に終わった横浜での対ガーナ戦で同点ゴールを決めた。


 「どうして僕が試合に出れないのかは、どうかデビッド・モイーズに聞いて下さい」と香川はAFPに語った。「試合に出れないのは不満が募るけど、今日のようにゴールを決めれば自信が湧いてくる。できれば、その自信をクラブに持ち帰っていければと思うし、そうなれば事態は良くなる。定期的にプレーしないのはつらい。何よりも欲求不満が募って――波のように押し寄せて来ることもあるからね」。


 「だから、日本に戻ってプレーできるのは素敵だし、点を取るのも気持ちよかった。僕は、ただ一生懸命プレーして自分のチャンスのために努力し続けるしかない。イギリスに戻ったら、スタメン入りすることが課題となるだろう」。


 「クラブに戻ったら、チャンピオンズ・リーグとプレミア・リーグで出場するチャンスを待たなければならない。チャンスはきっと来ると思っている」。


 
 ユナイテッドは土曜日にホームでクリスタル・パレスと対戦した後、火曜日はレバークーゼンとチャンピオンズ・リーグのグループ・マッチを行う。その後、モイーズのチームは、9月22日にマンチェスター・シティとダービー・マッチを行うが、そこでは、厳重な警備態勢が敷かれることになる。


 マンチェスター市警察は、昨年12月のマンチェスター・ダービー(ユナイテッドが3-2で勝った)を荒れたものにしたトラブルの再現がないように気を使っている。去年は、リオ・ファーディナンドがコインを投げつけられたり、一人のサポーターがピッチに入り込んだりしたのだ。



 警察当局は落書きにも目を光らせることになっている――以前、ミュンヘンの悲劇やかつてのMFマルク・ヴィヴィアン・フォェ(Marc-Vivien Foé)に関する落書きが書かれたことがあったからだ――それに、発煙筒の存在をつきとめるために、におい探知犬が活用されることになる。




」(おわり)





コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。