So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

安倍首相に懸念を表明する『ニューヨーク・タイムズ』の社説 [海外メディア記事]

 安倍首相が日本の歴史を書き換えようとする意欲をもっていることは周知の事実だが、その点に言及し懸念を表明する『ニューヨーク・タイムズ』の社説を紹介する。
 


 
Another Attempt to Deny Japan’s History

Published: January 2, 2013
EDITORIAL

http://www.nytimes.com/2013/01/03/opinion/another-attempt-to-deny-japans-history.html






日本の歴史をまた否認しようとする試み


 日本と韓国の関係ほどアジアの安定に重要な関係はない。しかし、日本の新しい首相である安倍晋三は、韓国との緊張を煽りたて協調関係を難しくするような重大な間違いによってその首相の任期を開始しようという気持ちに傾いているようだ。安倍首相は、韓国や他国の女性を性奴隷として利用したことに対する謝罪を含む、第二次世界大戦の侵略に対する日本の謝罪を訂正するかもしれないと仄めかしたからである。


 1993年日本は、日本軍が軍の売春宿で数千人におよぶアジアやヨーロッパの女性をレイプし奴隷としていたことを認め、その残虐な行為に対して初の全面的謝罪をした。村山富市首相による1995年のより包括的な謝罪は、「植民地支配と侵略を通して」日本は「多くの国の人々、とりわけアジア諸国の人々に多大なる損害と苦しみを」与えたことを認めた。


 産経新聞とのインタビューで、右翼ナショナリストである安倍氏は、1995年の謝罪を「前向きの声明」(その内容は明かされていない)に取りかえたいと述べたと月曜日のロイターは伝えた。安倍氏は、2006年から2007年の以前の政権時の調査では、日本の戦時の軍人に性奴隷として働いた女性たちが、実際に強制されたという証拠は発見されなかったと述べた。しかし、先週の記者会見で、内閣官房長官の菅義偉は、安倍氏が1995年の謝罪は引き継ぐが、1993年の河野談話は訂正するかもしれないと示唆した。


 日本の自民党のリーダーである安倍氏が謝罪をどのように修正するのかは明らかではないが、彼は以前から日本の戦時の歴史を書き換えたいという願望を公然と述べていた。犯罪行為を否認したり謝罪を希釈しようとするいかなる試みも、韓国のみならず、日本の残忍な戦時支配に苦しんだ中国やフィリピンなどの怒りを買うことになるだろう。


 安倍氏の恥ずべき衝動は、北朝鮮の核兵器プログラムのような問題に関する極東地域の重要な協調関係を脅かしかねない。そのような修正的態度は、日本にとっては害となるものである。日本が関心を集中すべきは、長期的な低迷状態にある経済を改善することであって、上塗りをすることで過去を隠ぺいすることではないのである。





」(おわり)


















コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。