So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

こんなにも多くのトゥモロー [海外メディア記事]

  『ニューヨーク・タイムズ』の演劇のコーナーで「こんなにも多くのトゥモロー」という記事を見つけた。

  たぶん、今ブロードウェイのリバイバル公演でアニーを演じているリラ・クロウフォードの人気の高さがこの記事の下地になっているはず。


 リラ・クロウフォード
image.jpg
 

 元記事にはこれまでの「トゥモロー」の12人(グループ)の熱唱を収めたビデオが並んでいるが、そのうち最初の三つのURLをここに掲げておこう。
 
 最初はいま話題のリラ・クロウフォードの熱唱。二つ目はロードウェイ初演時のアンドレア・マッカドールの熱唱。三つ目は、バーバラ・ストライサンドの大人の歌。

 蛇足ながら書かせてもらうと、個人的な思い出として一番印象に残っているのは、子供の保育園のお芝居として観た『アニー』(http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20)。その後、映画や劇場でも見たが、あのお芝居を超える感激を味わったことはなかった。

 英語の歌詞と訳をおまけにつけておく。






So Many Tomorrows

Published: November 8, 2012

http://www.nytimes.com/interactive/2012/11/09/theater/20121109-tomorrow.html?ref=multimedia






  こんなにも多くのトゥモロー


  「トゥモロー」は、ミュージカル『アニー』の他のどの歌よりも、より良い日を願う孤児アニーのつつましい希望を伝えてくれる。下にこの歌の熱唱のビデオを掲げるが、そこにはブロードウェイ初演時のアンドレア・マッカドール(Andrea Mcardle )の熱唱や、この木曜日パレス・シアターでのリバイバル上演でアニーを演じるリラ・クロウフォード(Lilla Crawford)の熱唱が含まれる。



リラ・クロウフォード
( 「トゥモロー」が始まるのは2:40から )






アンドレア・マッカドール







バーバラ・ストライサンド







Tomorrow


The sun'll come out
Tomorrow
Bet your bottom dollar
That tomorrow
There'll be sun!

Just thinkin' about
Tomorrow
Clears away the cobwebs,
And the sorrow
'Til there's none!

When I'm stuck with a day
That's gray,
And lonely,
I just stick out my chin
And Grin,
And Say,
Oh!

The sun'll come out
Tomorrow
So ya gotta hang on
'Til tomorrow
Come what may
Tomorrow! Tomorrow!
I love ya Tomorrow!
You're always
A day
Away!





トゥモロー


お日様はやって来るわ
明日になればね
有り金はたいて賭けてもいいわ
明日になれば
お日様は姿を現すの!


明日のことを考えるだけで
もやもやした気持ちや
悲しみは取り払われ
きれいさっぱりなくなってしまうの!


憂うつで
一人ぼっちの日に
私は顔をあげ
笑顔になって
こう言うの


お日様はやって来るわ
明日になればね
だから明日になるまで
ちょっとの辛抱
トゥモロー! トゥモロー!
明日何が起ころうと
私は明日が大好き!
いつだって
明日という日があるの
ずっとそうよ!
 




」(おわり)


























コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。