So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

死ぬ権利を推進するオランダの最近の動向 [海外メディア記事]

 いち早く安楽死の法制化に踏み切ったオランダで、死ぬ権利をさらに推進しようとする動きがあるようだ。安楽死には、耐えがたい苦痛が何よりもまず不可欠な条件としてなければならないはずだが、その条件なしでも安楽死を認めようという方向に向かいつつあるというのだ。『ニューヨーク・タイムズ』の記事より。




Push for the Right to Die Grows in the Netherlands

By DAVID JOLLY
Published: April 2, 2012


http://www.nytimes.com/2012/04/03/health/push-for-the-right-to-die-grows-in-the-netherlands.html?pagewanted=1&ref=science


死ぬ権利を推進する動きがオランダで活発化している


03JPEUTH_SPAN-articleLarge.jpg
安楽死推進団体「死ぬ権利-オランダ(Right to Die-NL)」を主宰するペトラ・デ・ヨング医師。




アムステルダム――1989年のことだった。オランダ人で呼吸器科医のペトラ・デ・ヨング(Petra de Jong)は、気管に大きな癌性腫瘍をもつ末期の患者――彼はたいそう苦しんでいた――から助けを求められた。生きるのを終わらせたいというのだ。


 彼女はその人にペントバルビタールを与えた。強力なバルビツール酸系催眠薬だ――しかし、量が十分ではなかった。彼が死ぬまで9時間もかかってしまったのだ。


 「何度も間違ったことは今では判りますよ」とデ・ヨング医師(58)は、オフィスでのインタビューでそう言った。「今ではグーグルで検索できますが、あの頃の私たちは知らなかったのです」。


 彼女の語り口は暖かく誠実なので、彼女の天職とは相容れないように感じられる、あるいは温かく誠実だからこそ彼女はこれを天職にしたのだと言うべきかもしれない。あの男性は、安楽死推進団体「死ぬ権利-オランダ(Right to Die-NL)」のリーダーであるデ・ヨング医師が、「尊厳ある死(a dignified death)」と彼女が呼ぶものをなし遂げる手伝いをした16人の患者の最初の人だった。


 1973年に設立された「死ぬ権利-オランダ」は、安楽死が他の国ではまだきわめて異論の余地のあるものとされる中で、安楽死をオランダで広く実行可能なものにしようとする運動の先頭に立つ団体だった。世論調査では、オランダ人の圧倒的多数が、安楽死は苦しんでいてそれを希望する患者には利用可能であるべきだという意見であり、毎年数千人が正式に安楽死の申請をしている。


 12万4千人の会員を擁する「死ぬ権利-オランダ」は、患者が自宅で死ぬ手助けをする移動式の安楽死チームを発足する予定であるというニュースとともに、3月初めに世界各国のメディアの見出しを飾った。この団体はまた、病気であろうとなかろうと、70歳以上の誰もが安楽死を利用できるようにする法案を呼び掛けることで物議をかもした。

 デ・ヨング医師によると、移動式の安楽死サービスにはもう100件以上の問い合わせが来ているという。その内の何件かは審議中で、一つのケースでは安楽死が実行された。


 自殺幇助の推進派もその批判者もこの団体の取り組みに注目している。ペンシルベニア州選出の共和党大統領候補リック・サントラムは、二月に、安楽死がオランダ人の死亡原因の5%を占めていて、オランダ人の高齢者の多くが「私に安楽死の処置をしないで」と書かれたリストバンドを着用していると――間違って――主張して、波紋を引き起こした。オランダの当局者はすぐにその主張に反論した。


 「国際的に見て、オランダ人のおかげで議論が深まったのです。人が大きな苦しみにあるとき、いかに死ぬか、いつ死ぬかを選択することを認めようとする見識についての議論と、死の間近かにいる人々に対する共感はどうあるべきかについての議論の二つです」。そう語るのは、アトランタのエモリー大学の倫理センターのポール・ルート・ウォルプ(Paul Root Wolpe)所長。


 
 オランダで2002年に施行された「要請による生命の終結および自殺幇助法」のもとで、医師はある種のガイドラインを守っている限り、患者の死の要求を聞き入れても、訴追されることがないことになった。死の要求は、永続的で耐えがたい苦痛のもとにある患者によって――インフォームド・コンセントの後で――自発的になされたものでなければならない。医師は、このケースが必要な条件を満たしているという別の医師の確認書を得なければならず、そうした死亡については検査のために当局に報告しなければならないことになっている。


 デ・ヨング医師によれば、オランダの医師は一般的に、睡眠を誘導するためにバルビツールを注入し、心臓を停止するためにクラーレのような強力な筋弛緩剤を注入することで安楽死を行うのだという。自殺幇助については、医師は、嘔吐を防ぐための薬を処方し、その後で致死量のバルビツール酸系催眠薬を処方するという。


 王立オランダ医学協会によると、そのような死の約80%が患者の自宅で行われるという。入手できる最新のデータでは、2010年には「要請による生命の終結」を医師が通知した事例が3136件あった。その大多数の背後には深刻な病気――後期の癌が典型だが――が存在していた。


 医学協会の政策顧問であるエリック・ファン・ヴェイリック(Eric van Wijlick)によると、安楽死は、毎年オランダの死亡原因の約2%を占めるという。


 通常、安楽死を行うのは、オランダの国民が全員が加入している健康保険の屋台骨となっている一般の開業医や、患者とのつき合いが長く患者の気持ちをよく知る医師たちである。ファン・ヴェイリック氏は、安楽死法がオランダで可能だったのは、「自分とは違う考え方に対しても、オランダ人が穏やかでオープンな態度で接するという風土」があるからだと語り、オランダでは誰もが健康保険も収入も住宅も手に入れられるので、オランダ以外で安楽死法を実行するのは難しいだろうということは彼も認めた。

 
 「経済的な理由から安楽死を求めるということはありませんね」と彼は言ったが、利益優先の健康保険制度をもつアメリカではそうはいかないだろう。


 デ・ヨング医師によると、移動チームが必要となったのは、多くの一般開業医が、道徳上の理由からか法律について自信がないために、苦しんでいる患者が死ぬ手助けをすることを拒否し、しかも別の医師を見つけようにも手遅れであるようなケースがあったためだという。移動チームが手助けすることになるでしょう、と彼女は言った。

 たとえば、かりに転移性の前立腺癌があり見通しの良くない82歳の男性が、かかりつけの医師に、それだけでは安楽死の条件に当てはまらないと言われたとしよう。その男性は、「死ぬ権利-オランダ」が定めた新たな「生を終わらせる医療(life-ending-clinic)」に連絡をとることができる。もし彼が基準を満たすと思われるならば、医師と看護師が彼の家に行き診断を行う。もしあらゆる条件が満たされるならば、彼に安楽死の処置が行われることになる。家族が彼の傍らにいるのが理想的である。


 デ・ヨング医師は、法的には別の医師の意見を求めなければならないので、最初の訪問で患者に安楽死の処置がなされることは決してありえない、と強調した。



 オランダでも、「死ぬ権利-オランダ」が行きすぎていると思う人はいる。移動チームに加えて、「死ぬ権利-オランダ」は、末期の病気に苦しんでいない場合でも、70歳以上のすべての人に「幇助された死」の権利を与えようと働きかけている運動に加わっている。(マーク・ルッテ(Mark Rutte)を首相とする保守政権は、その政権下では安楽死法に変更を加える予定はないと言明した)。


 「私たちは、老齢で生きていること自体に苦痛を覚える人もいると考えています」とデ・ヨング医師は言った。「医療技術は非常に進歩を遂げたので、人々はますます長生きになっていますが、時には「もう十分だ(enough is enough)」と言う人もいるのです。


 ファン・ヴェイリック氏は、王立オランダ医学協会が移動チームに「不安」を感じていると述べた。それは、「安楽死の問題は患者のケアから切り離すことはできない」からであり、患者のケアは主介護者である一般の開業医に委ねられるべきだからである。


 大抵の場合、医師が安楽死を拒否するのには十分な理由がある、と彼は言う。患者のケースが法律によって定められた基準を満たしていないと医師が考えることもしばしばである。

 同協会はまた、「生きていることに苦痛を覚える」人々に対する安楽死にも反対している。「つねに、医学的な条件がなければいけませんからね」とファン・ヴェイリック氏は言った。しかしそのような場合でも、医師は患者に飲食を取らずにすむ方法を説明することができるし、その結果生じるどんな苦しみに対しても援助することができます、と彼は述べた。


 オランダの患者組織NPVは、6万6千人のメンバーを擁するキリスト教の団体でもあるのだが、安楽死の慣行が、痴呆症の患者や死ぬ際に援助を求めることができない他の病気を患っている患者までも含めるように拡張されてきたと述べて、現在の安楽死法の適用のあり方を強く批判している。

 
 NPVの広報担当のエリーゼ・ファン・ホーク-ブルガーハルト(Elise van Hoek-Burgerhart)は、電子メールで、移動安楽死チームという考え方自体が「馬鹿げており」、移動チームの医師がわずか数日で患者のことを判るようになることは決してないだろうと述べた。それに、緩和ケアのほうがより良いものだと判った場合、高齢者の安楽死に対する要請の10パーセントは取り下げられることを示した研究もある、と彼女は付け加えた。


 また、報告された安楽死のすべてのケースに対して検討委員会が承認することを法律は求めているにもかかわらず、2010年の469例がまだ検討されておらず、つまりそのことは、医師が公式のガイドラインをどれほど遵守しているか明らかでないことを意味している、と彼女は指摘した。


 エモリー大学の生命倫理学者のウォルプ博士は、人々が自分の死を選ぶ権利をもっていることについては「概して賛成」だが、肉体的に苦しんでいるわけではない人々にも安楽死が拡大して適用されたことを含めて、オランダのいくつかの傾向には憂慮していると述べた。


 「純粋に生理的な基準から一連の心理的な基準へと切り替えてしまうと、虐待や過誤に通じる扉を開けてしまうことになりますからね」と彼は言った。




」(おわり)








コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 1

匿名

スペース失礼します。

Change.orgにて安楽死に関する署名活動を行っています。賛同いただける方はご署名お願いします。

http://goo.gl/epuQJ
by 匿名 (2013-07-19 01:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。