So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

3月7日午後7時@浅草寺 [雑感]

 ほぼ10日間、部屋にこもってひたすら原稿書きにはげむ。それが今日で一段落。この解放感は何ものにも換えがたいが、さりとて祝杯をあげる気分になるわけでもない。夕食後、久しぶりに子供と散歩した。しばらく彼にも構ってやれなかったからなあ。


 二天門から浅草寺境内に入る。浅草寺は、昼は観光客が多いせいか、そのスケールの割には荘厳さのようなものを全然感じさせないのだが、人気のない夜ともなると、やはり少しは厳かなオーラに包まれたように感じられるものだ。もっとも、横から見ると、大提灯の横腹が見えて、どこか可笑しい。江戸時代の川柳に「提灯に釣鐘負ける浅草寺」と詠まれていたらしいが、昔からどこか可笑しさを皆この寺に感じていたようだ。

011.JPG



 知っている人もいると思うが、提灯に「志ん橋」とあるのは、新橋芸者から寄贈されたことに因む。

014.JPG




 ドイツ人の一団が写真を撮っていた。一時は落ち込んだが、外国からの観光客は完全に元に戻ったようだ。

 ちなみに、左右の柱に書が刻まれているが、その右側は「実相(じっそう)は荘厳(そうごん)に非(あら)ざれども金碧(こんぺき)装いを成す安楽刹(あんらくせつ)」と読む。とても荘厳とはいかないが、こうして綺麗な装いで整えられた境内も浄土なのだ、くらいの意味だろう。「信は荘厳よりおこる」を踏まえている。「安楽」は仏教用語としては極楽浄土を意味するようだ。

 やはり、この寺は昔から荘厳という雰囲気はなかったのだろうなと思われる。

015.JPG



 帰りは仲見世を通って、途中でおもちゃ屋に寄って、子供のためにベイブレードを買った。これくらいのことはしてやらないとね。今日はちょっと暖かかったが、まだ皆冬のいでたちである。
 
006.JPG 





 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。