So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

銀座で中華といえばここだ [雑感]

 8月の末、暑い夏を無事にのり切ったことを祝すという趣旨で、家族で「赤坂璃宮 銀座店」に出向いた。小学生子供連れでもO.K.で、なおかつ子供の嗜好に合う店というと選択の幅が限られてしまうのは毎度のことで仕様がないが、中華ならば大体どこも大丈夫なのは助かる。気難しいわが子もフカヒレには目がないほどの大好物なので、フカヒレが美味そうな店に行くことには決して嫌とは言わないのだ。

 
 注文したのは「料理長特選」のコース。いただいた「菜譜」をそのまま書き写してみよう。(この他に、蒸し鶏や小龍包を頼む。それとワインを2本空けた)。

 ・璃宮特製焼き物前菜盛り合わせ
 ・ふかひれの姿煮
 ・蝦夷鮑とたたみ湯葉の煮込み
 ・和牛の煎り焼き黒胡椒ソース
 ・ペキンダック
 ・岩カキのガーリック蒸し
 ・蓮の葉包み中国ちまき
 ・本日のお菓子
 ・本日のデザート

11.jpg



  前菜の盛り合わせは前菜好きの妻に、ふかひれは子供にお皿を譲ったりして、私は序盤のうちはセーブ気味に過ごした。ふかひれを食した息子が始めは少し怪訝な顔をして、「あまり美味くない」と言うのには少し驚かされた。スープを飲ませてもらったが、少し薄い上品な味に仕上げているのが判った。わが子にとってのふかひれの姿煮は、ねっとりとした濃厚なスープという固定観念があるらしく、それを期待していた彼にとっては、すこし澄まし過ぎている味に映ったようだ。「う~ん、これを美味くないと思うのはまだまだ修業が足りないな」と言ってやると、へらず口を謹んで一心にスープを味わっていた。彼は二皿をわずかの時間で平らげてしまったのだが、今度、ふかひれを彼が食べるときどんな感想をひねり出すのかが楽しみだ。

12.jpg
14.jpg




 しかし、このふかひれを除けば、後に出てきた料理は総じて濃厚な味付けだった。濃厚というか、濃密というか、とにかく味の密度というものを感じさせるのだ。何か異常なほど味が凝縮している食べ物が次々と出てくるので、内心、少なからず圧倒され続けたような気持ちになった。肉厚な鮑をねっとり包みこむ少し隠微なソース、ぷっくりした岩カキの出汁とガーリックが渾然一体になったスープ、米とは思えないほど鈍い飴色に光り輝いていたちまき、とくにこの三品は長く記憶の底にこびりついて離れないだろうと思われるほどの余韻を残した。

15.jpg

17.jpg

19.jpg



  ほかに特筆すべきは、ワインが充実していること。デザートを6つの選択肢から選ぶことができることか。



  お金に少しうるさい妻が珍しく「ここは値段だけのことはあるわ」と言っていたのが印象的だった。それと「銀座で中華を食べるならここだわ(だけど蒸し鶏だけは「筑紫楼」が良いけどね)」とも。とりあえず、その判断を尊重してタイトルをつけさせてもらった。ヘイフン・テラスは子供向きではないし、福臨門はイマイチ物足りない。我が家では、銀座で中華を食べるときは「赤坂璃宮 銀座店」一択だな。






  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。