So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

昨日の世界を写真で(2010.11.29) [海外メディア記事]

 昨日の世界の出来事を写真で振り返るという企画は各国のメディアで見ることができるが、写真の数が一番多いのがドイツ『フォーカス』誌だろうと思う。今日はそこから。

http://www.focus.de/politik/deutschland/bilder-des-tages/foto-galerie-die-bilder-des-tages_did_10869.html  

 ちょっとした注釈

 ・ 「ホレおばさん」 : ドイツで天気に関してよく使われる擬人的表現。

 ・ 「カンクン」 : 折しも、地球温暖化対策について話し合うCOP16(気候変動枠組み条約第16回締約国会議)が 開催されているメキシコの都市。

 この彫刻群は、温暖化の会議とは関連性はないようだが、見る人はどうしても陸地の水没、文明の消滅といったことを連想するだろう。素晴らしい作品だと思う。

 

 「 昨日一日の写真(2010.11.29)



・ 「戦争反対」と記したローソクやプラカードを掲げ、今の状況を憂える韓国の人々がソウルをデモ行進する。ヨンピョン島砲撃以降、北と南の緊張が危険なまでに高まっている。





・ ハイチの破壊されつくした投票所では投票用紙がおもちゃになっていた。このような出来事が相次いだにもかかわらず、責任者は「選挙は成功した」と語っている。





・ 高まる購買欲:待降節(Advent: クリスマスの準備のための4週間の準備期間、クリスマスシーズン)が絶好調の出足となったことに喜ぶ小売店。





・ 何と対照的なことか:カブールでのショッピング。







・ 「ホレおばさんの好意よね」:ハーゼルバハテル(ザクセン州)のこの女性ドライバーは冬の闖入者を平然と片づける。





・ イギリスでも1メートルを超える積雪があった。





・ 人工の血液を大量に塗り付けて、メキシコの動物愛護の活動家たちが毛皮の着用に反対するデモを行う。





・ (11月28日の写真): 芸術家ジェイソン・デカイレス・テイラー(Jason deCaires Tayor)が400体のコンクリート製の彫刻を海に沈めた。カンクンの海中美術館の立像は驚嘆に値するものだ。





・ イスラエルのホロコースト記念館ヤド・バシェムで献花をするドイツ大統領クリスチャン・ヴルフ。












nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。