So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

サッカーW杯の背後で [海外メディア記事]

 

最初の写真を見ると、フェンスで仕切られていて、本当に強制収容所のよう。これじゃアパルトヘイトへの逆戻りだし、南アフリカでW杯を開催する意義を自ら否定するようなものだよ。

イギリス『ガーディアン』紙より。

http://www.guardian.co.uk/world/gallery/2010/apr/01/world-cup-2010-south-africa

ブリッキーズドルプ(Blikkiesdorp)という町は、南アフリカ国内のホームレスに一時的な宿泊施設を提供するために建設された。しかし、住民たちはこの町を強制収容所と述べているし、多くの者が、自分の意思に反してここに移ったと言っている。その原因はサッカーW杯にあるのだと彼らはいう。

1 / 8 ブリッキーズドルプの1400もある仮設住宅の眺め。住宅は、子供のハサミでも切れるくらい薄い波型ブリキで作られている。

image

2 / 8 サッカーに興じる若者たち。背後に見えるのは、麻薬や売春目的でギャングが使用する無人の小屋。

image

3 / 8 食糧配給所に列を作る人々。 多くの住民は生き延びるために配給に頼っている。

image

4/ 8 ブリッキーズドルプの子供たち

image

5/ 8 生き延びるのに必死な家族

image

6/ 8 焼け落ちた小屋に座るチョコレート。当局は彼女に別の小屋を与えるのを拒んだ

image

7/ 8 ブリッキーズドルプのほこりと石だらけの共用エリアで幼い子供が遊んでいる。このエリアでは小さい子供の誘拐やレイプ事件が起こっているので、多くの親は不安を感じている。

image

8/ 8 地元で栽培される大麻の一種のダッガを吸う地元の若者。若者の多くは学校から落ちこぼれ地元のギャングの一味になる。そこでは、ダッガや覚せい剤やヘロインがよく使われている。

image











nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

laosheng

サッカー王国の名門紙らしい切込みですね。上海も万博をまえに”臭いモノにはふた”をしていますが、こういうジャーナリズムはありません。よいものをお見せいただきました。大謝!!
by laosheng (2010-04-03 15:39) 

MikS

中国の報道の締めつけは相当なものらしいですから、こういう記事は不可能でしょうね。

それにしても、南アフリカから抗議が出るのではないかと思ったのですが、今のところ何もないようで・・・
by MikS (2010-04-05 23:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました