So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

浅草今半で結婚記念日を寿ぐ [雑感]

  去年は天ぷらの『中清』に行ったが(http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15)、今年はすき焼きの『浅草今半』で。懐石の花コースを頼む。新築オープンしてからは初めて伺ったが、ここの個室は静かで落ち着ける。結構使えそうである。



 先付は「牛肉の佃煮」。子どもがうまいうまいとしきりに言うので、追加してもらった。さすが商品化されているだけのことはある。

14.jpg

フォアグラと梅の豆腐(先付)

15.jpg



鶉豆の豆腐(前菜)

13.jpg


カニ寿司(前菜)

3.jpg




 子どものために、茶碗蒸しと鮪を注文。茶碗蒸しの蓋に「大明成化年製」の銘が。もっとも、その場では何のことか判らなかった。後で調べてみると、中国明代成化年間に景徳鎮で製造された染付に付される銘なのだとか。染付の最高峰らしいが、日本には本物はきわめて少数しかないそうだ。これは後代のものだろうが、それでもありがたい気がしてくる。


8.jpg






蛤の真女のお吸い物

9.jpg



お造り

10.jpg



マコガレイとタラノメの揚げ物

5.jpg



平貝、きゅうり、クラゲ、そら豆の酢の物

6.jpg





殿(しんがり)に控えるすき焼き。肉は茨城、常陸産(しかし撮り忘れた)。締めに牡蠣そば。

12.jpg





 堪能しはしたが、盛り沢山すぎて焦点がぼやけてしまいそう。すき焼きが出される頃には、もうお腹が満たされた感じになってしまう。懐石を頼むにしても、他のコースの方が無難だろうか。

 充分満足できるレベルながら、出される一品一品にきらりと光るも のをあまり感じなかった。すべてが無難に収まっており、個性がないということなのだろうか? 懐石のコースを出すという趣向は、新装オープンしてから始めたものだろうから、まだ方向性が確立されていないということなのだろうか? 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました