So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

74年前の冬季オリンピック [海外メディア記事]

  広島と長崎がオリンピック共催に向けて名乗りをあげようとしていますが、別の意味で歴史の重荷を背負った地でオリンピックに名乗りを上げようとしているところがあります。74年前に冬季オリンピックを開催し、現在はドイツのスキーリゾート地として有名なガルミッシュ・パルテンキルヒェンです。ヒトラーとオリンピックというと、夏のベルリン大会が有名ですが、冬季大会もあったのですか。私は知りませんでしたし、下に掲げる画像も初めて見るような気がします。ドイツ『シュピーゲル』誌の英語版より。

http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-50990.html

 「 バイエルンのスキー・リゾートであるガルミッシュ・パルテンキルヒェンは2018年の冬季オリンピック共催に向けて名乗りをあげているが、同市はナチス体制下の1936年に冬季オリンピックの開催地であった。土地の人々にとって当時のオリンピックのことは今でも懐かしい思い出だが、この牧歌的なアルプスの街の不幸な過去を論じようとすることに関心を抱く者はほとんどいない。

 

 

 

 あるイギリス人記者が、オリンピックに先立つ1935年当地を訪ねパルテンキルヒェン・スキー・クラブのクラブハウスの写真を撮ったが、そこには「ユダヤ人立ち入り禁止」の貼り紙が壁に貼られていた。この画像は世界を駆け巡った。

 1936年の冬季オリンピック、ガルミッシュ・パルテンキルヒェン大会で、オープンカーから群衆に向かって手を振るナチス総統アドルフ・ヒトラー。

  

 オリンピックの開会式で挨拶するアドルフ・ヒトラー。今日、ガルミッシュ・パルテンキルヒェン市は、1936年のオリンピックの政治状況については巧みに言い逃れしようとしている。

 

 今日、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンは、ドイツが誇る最高のスキー・リゾート地の一つとなっている。

」 










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: