So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

君のコミュニティーだよ [海外メディア記事]

  いまイギリスで広がっている「君のコミュニティーだよ(It's your community)」というボランティア支援運動を『ガーディアン』紙が紹介しています(http://www.guardian.co.uk/society/gallery/2009/dec/14/community-work)。 (イギリスは「ニート」という現象がはじめて注目された場所。たしか、イギリスでのニート問題の対処法は、崩壊した家庭、とりわけ母子家庭のおかげで社会的に孤立してしまった子どもたちをどうするかという点に焦点を合わせていたように記憶しています。たぶん、この運動もそうした問題に取り組む中から生まれてきたのではないかと思われます。それはともかく、この運動の概要が判った人は、日本でもこういうプロジェクトが必要だということに想いを致すのではないでしょうか?)。


 さて、この運動は、若者とその地域との結びつきを強化するような活動に報奨金を与えることによって、若い人々に希望を与えコミュニティー全体を活性化しようという運動のようです。この運動のホームページには次のように記されています(http://www.itsyourcommunity.co.uk/)。


 「私たちは、若い人々に焦点を合わせています

 2007年の開始以来、私たちは、ますます多くの若者がより良い世の中にしたいと願っているのを見てきました。私たちは、何千という若者が自分のコミュニティーと結びつくのを手助けしてきましたが、最高1000ポンドのコミュニティー賞を作り、人々が本当の変化を成し遂げる手伝いをすることを通して、この問題に焦点を合わせようと決めたのです」。
 
 
 さて、これだけでは抽象的なので、具体的な実例を見てみましょう。

 「 ・ エジンバラ
  今年の2月に、地元の画家が若者のグループを誘って壁画制作を始めたことがきっかけとなって、世代を問わずその地域の多くの人がこのプロジェクトに参加。こうした世代を超えた試みに対して988ポンドの報奨金が与えられた(http://www.itsyourcommunity.co.uk/ProjectDetail.aspx?f=s&p=2554)。
 
1.jpg 


 

  
  ・ イプスウィッチ
  サーシャとライアンはイギリスで経済的にも社会的にも最も困難な地域の一つで若者のクラブを運営している二人のティーンエイジャーだ。彼らは、それぞれ13歳と14歳の時、このプロジェクトをゼロからーお金も基金もないままにー始めたが、その事自体すばらしいことだ。このクラブが提供するのは、アート、手芸、料理、健康食づくり、ゲーム、園芸などで、そのいくつかはサーシャとライアンの乏しいポケットマネーで賄われることもあった。参加している若者は千差万別である。「問題」を抱えたり迷惑な行動を起こす者もいるが、このクラブが提供する友情と活動の結果、そうした「問題」や行動は大幅に改善された。チーム「君のコミュニティーだよ」は、このすばらしい二人の若者の純粋な献身、エネルギー、創意工夫に大いに感銘を受けたので、私たちは十二分の喜びをもって、アートと調理の材料および器具に対して1000ポンドの報奨金で彼らを手助けしたいと思った」(http://www.itsyourcommunity.co.uk/ProjectDetail.aspx?f=s&p=3862)。
 
 2.jpg




 ・ ケント

 地域の住民、とりわけ若者たちが施設の不足に悩んでいると感じたある男性が、使用されなくなっていたホールを歌ったり踊ったりするためのシアターに作り替えたところ、他の住民にも同じ熱意が伝わった。「君のコミュニティーだよ」の1000ポンドの報奨金のおかげで、更衣室と子供の遊び場が加えられた(http://www.itsyourcommunity.co.uk/ProjectDetail.aspx?f=s&p=89
 
  3.jpg



・ ロンドン 

 チャールトンおもちゃライブラリーは、各家庭に行き渡りにくい移動可能なおもちゃのライブラリーを運営しているボランティア/慈善団体。グリニッジ・ロンドン特別区の全域をカヴァーしていて、600以上の家庭と約1200人の子供におもちゃ、本、子供の安全のための融資計画を提供している。各家庭はわずかな料金でいろいろな物を借りたり(本は無料)、1週間に4日プレイ・セッションに参加できる。当団体は「リズム・タイム」セッションを行いたいという意向をもっているが、このセッションはテーマをもった音楽とお話が融合したもので、参加する家庭が相互に交流することを促すねらいがある。これらのセッションの狙いは、親たちが子供ともっと交流することを促したり、就学以前にもっと読み書きが出来るようにさせることにある。 
 
 4.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: