So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

すたれつつある男性という性 [海外メディア記事]

 多くのデータや証拠から見て、男性という性はもう時代にそぐわない、時代遅れの遺物なのではないかという問題提起の記事を『シュピーゲル』誌から紹介します。かなり長い記事なので、4~5回に分けて載せる予定です。

http://www.spiegel.de/wissenschaft/mensch/0,1518,601269,00.html
 




 「 忘れられた性

 
 多くの科目で男子生徒は女子生徒より劣っており、融通が利かず、暴力的で、病気にかかりやすいことが判明している。要するに、かつてはプライドにあふれ力強かった性が弱体化しつつあるのだ。研究者たちは、この男性という性の没落に対して驚くべき説明を見いだしている。

  

 2008年6月、ベルリンのツェーレンドルフ区にあるヴィルマ・ルドルフ中等学校が新聞の一面に登場した。14歳の二人の学生が13歳の同級生を男子トイレに押し込んでは殴り、その暴行の様子を携帯電話で撮影したことが判明したからであった。彼らは、その同級生に、他の生徒から電話を奪うように強要しようとしていたのであった。

 昨年の6月にも、ベルリンの若者が、都合の悪い目撃者を消すために、58歳の女性教師に鉄パイプで襲いかかったことがあった。その前年には、小学校の校長が殴り倒されたことがあったし、12歳の少年が62歳の女性教師の顔面を殴打したため、女性教師は目の裂傷で通院治療しなければならなかった。

 明らかに、葛藤をすぐに肉体によって攻撃的、暴力的に解決しようとする傾向が高まっている――少なくとも少年のグループの中ではそうであって、しかも、そのグループは年々低年齢化しつつある。(子供や少年が一般的に暴力的になったのか、それとも世論とメディアによって彼らに対する見方が変わったにすぎないのかという問いは、決着がついていない。いずれにせよ、2005年のボーフム大学の調査によれば、中学2年生の7人に1人は殴り合いの喧嘩のため、医者に診てもらわなければならない羽目になっている)。

 それに確かなことは、攻撃性は、とりわけ少年に関わる問題であるということで、傷害罪で検挙された者の83%は少年であった。それと平行して、男性という性について、さらに不安にさせるようなデータや事実がある。それらをつき合わせると、思わず心配になってしまうような事実の連なりが浮上してくるのである。


 注意欠陥・多動性障害の男子は女子より3倍から9倍多い(こうした数字の変動は、どの診察基準を適用するかによる)。読字に難ありと評価された男子は、女子1に対して2から3の割り合いで存在する。

 少年の学校での成績はもっと劇的である。就学可能になる年齢は少年のほうが遅いし、成績も悪いし、落第する回数も多いし、必要とする補習授業も多い。(進学コースではなく職業コースである)Hauptschuleや特殊学級や学習促進学校では、男子が全生徒数のほぼ70%を占めている。

 しかも、卒業することなく学校を辞める年間約8万人の若者のうち、男子学生は女子学生の2倍である。しかも、2006年、18歳から21歳のうち大学入学資格を得たのは、女性33,8%に対して、男性は26,1%にすぎなかった。


 以前は男性の方がやり通す能力があり、時には「優越した」性として、少なくとも支配的な性として見なされていたとしても、今や立場が根本的に変わってしまったのである。


 この原因は何であろうか? 広く行き渡っている見解では、今日では主に女性の管理下で成長するので、少年には不利にできているというのであるが、そういうことなのだろうか? 幼稚園や小学校の先生はほとんどすべて女性であるし、家では、父親がしばしば会社から過度な要求をされたり、それどころか家庭から切り離されて生活している間、母親が支配権を握っているのだから。


 社会は少女の向上にあまりに気を使いすぎて少年のことは忘れていたのだろうか? それともこの問いは、もっとずっと根本的な問題にかかわっているのではないだろうか?

 
 なぜなら、かつては男性特有のものと見なされたものは、今日ではもう時代遅れのもののように見えるからであり、社会が変わってしまったからである。おそらく、かつての「強い」性は、単に、現代の世界に順応するほど柔軟ではないからなのだろう。


 それだけではない。ひょっとして、男性は、太古の昔からある生物学的な仕組みのせいで、そのような順応ができないのかもしれない。もしそうならば、男性は、いわば、型落ちのモデル、ということになるだろう」。(以下続く)
  
 









にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました