So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

東京大空襲 資料展 [雑感]

  昼飯を食べようとぶらついていたら、浅草公会堂で『東京大空襲 資料展』が開催されていることを知り、ちょっと覗いてみた。入ってようやく気づいたのだが、明日3月10日は東京大空襲があった日。指摘されれば思い起こすが、他の、原爆の慰霊祭や敗戦の日に比べると、存在感がありませんね。大きなセレモニーがあるわけでもないし。しかし、空襲の被害がもっともひどかった下町で、この出来事を記憶から風化させないようにしようという働きかけの一環なのであろう。会場には、当時を偲ばせる物の数々、多数の写真のほかに、空襲を直接体験した方々がいらっしゃって、お話が伺えます。資料展は明日まで行われているので、お近くの方で興味がわいた方は是非来てください。

  少し雑感をまじえながら、撮ってきた写真を紹介したい。

  先日、このブログで神谷バーを紹介したが、書きながら自分でも「あれ?」と思ったことがあった。神谷バーのビルは1921年に建てられたまま今でも現役なのだそうだが、あの大空襲はどうしたの? という疑問が浮かんだのである。しかし、その疑問は、資料展ですぐに氷解した。デパートの松屋と神谷バーの建物だけは破壊されずに残ったのだそうである。奇跡というほかはない。

 最初の写真の左側が神谷バーで、右が松屋。二枚目は松屋の屋上から蔵前方面を撮影したもので、手前のビルが神谷バー。三枚目は、気高い姿で戦火に耐えた松屋。しかし、見事なまでの破壊ぶり。不謹慎なことを言うが、ヴェトナム戦争の絨毯爆撃より徹底していたのではないか?  


縮小7.JPG
縮小8.JPG
縮小2.JPG


 一転して、泰明小学校で行われた決起集会(これ自体はどうという写真ではないのだが、撮影者が驚いたことに土門拳)。銃後の守りを誓う婦人連盟の行進。私などは、こういう写真をみると、「人類は行進する不正である」というレールモントフの言葉を思い起こす。

縮小1.JPG
縮小3.JPG
 

 上野に住んでいるかなり高齢の人に聞いたことがあるが、上野の山で花見や宴会なんてとんでもない。あそこは、大震災や大空襲のときの死体置き場になったところだし、どこに死体が埋まっているか判ったものじゃないから、とのことだった。同じことは隅田川にも言える。江戸時代までさかのぼって、振袖の大火から災害のたびに、多くの死体を隅田川は飲み込んできたはずだ。ひょっとしたら川底に供養を待っている死体が大量に残ってはいないか?  焼夷弾で焼かれた死体は炭化してしまい、炭の塊みたいだった。浅草寺の裏手の空地なんて、そうした炭で出来ているのではないか?  
 
 多くの人にとって、浅草といえば下町、江戸情緒の残る街だろうが、そうした表層をはがしてみれば、浮ばれぬ死者たちがさ迷い歩いているという実体が現われ出てくるのである。さて、明日は、私なりに鎮魂の日にしようと思う。


縮小4.JPG
縮小6.JPG

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました