So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 

アニー  保育園最後の発表会 [子供とともに(更新ほぼ停止中)]

 今日は保育園最後の発表会、年長のクラスの演目は『アニー』。あらすじは全然知らなかったが、劇中の歌はいくつか聞き覚えがあるものだったので、結構有名なのだろうな。充分楽しめた。孤児のアニーが、親身になってくれる大富豪から養女にならないか、お金には不自由しないよと勧められても、「私、お金なんかいらないよ。私の幸せはお父さんとお母さんと一緒に暮らすことだから」とあっさり断るところあたりでは、不覚にも涙が出てきてしまった・・・・。両親を名乗る男女が現れたが、懸賞金目当ての詐欺師であることが判明、結局、血のつながりよりも情愛の深さが大切だということに気づき、最後、養女になることを決意する優しいアニー。大富豪は、アニーがいた孤児院の孤児たちをみんな引き取ることにする・・・保育園の最後を飾るお芝居としてはうってつけのハッピー・エンドの内容でした。


 私はカメラに関わっていたので、周囲を見わたす余裕はなかったのだが、妻の話によるとアニー役の子供のお母さんは途中から号泣状態であったとか。他のお母さんも多かれ少なかれ似たようなものだっただろう。この保育園、初めて足を踏み入れた当初は少し汚ないという印象が先立ったし、園長も生臭坊主で・・・、とあまりいい印象を持っていなかったし、そしてその印象は今でもあまり変わっていないのだが、もちろん、子供やその親、先生方は別である。とくに、母子家庭でもがんばっている母と子に拍手、(多分)薄給にもかかわらずかなりの激務を強いられていても笑顔を絶やさない先生に拍手、そして5歳から6歳の坂を何とか駆け抜けて、今度は小学校の門をくぐろうとしている子供たちの懸命な姿に拍手。涙、涙、涙、拍手、拍手、拍手で最後は幕を閉じました。


発表会2.JPG
発表会3.jpg


 ↓ 私の子供の「おわりの言葉」の一部です。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました