So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ

発表会でのメッセージ [子供とともに(更新ほぼ停止中)]


保育園恒例の「作品展」に行ってきた。これは、園児が作った工作物を展示する催しである。あまり面白いと思ったことはないが、これが最後かと思うと、感慨なきにしもあらず、といったところだった。

 興味をひいたのは、園児が俳句を作りそれに合うような絵を描いたもの。記念にと、うちの子供と同じクラスの子の作品はすべて写真に収めてきた。単純に面白いのは、クラスで一番ワンパクな子の作品。「きらいだよ とまとぴいまん たべないの」。実にいいなあ、これ。そう、トマトやピーマンなんか食べなくとも大丈夫。
縮小2 (2).JPG



 教室で見たときは何とも思わなかったが、帰ってきてPCに取り込んだ後に気づいた作品は、何気に奥が深い(かも知れない)。
「おかあさん いつもげんきで わらってる」。


縮小4.JPG
 

 これも、ただそれだけのことなのかもしれない。この子の母親は、笑顔がチャーミングな人だ。
 ・・・ただ、朝早く登園するとき、子どもが愚図ったりしていると、暴言はいうまでもなく、容赦なく蹴飛ばしたり、結構気性が激しい素振りを隠そうともしない。そういう母親にたいして「いつもげんきで、わらってる」と書く子供の心境はどのようなものだろうか、そんなに純真で単純ではないはずだと私は思ってしまう。余計なお世話であるが(ちなみに、母子家庭の母と子である)。

 ちなみに、わが家の子供の作品は、いたって素朴。「くりごはん おいしかったよ ありがとう」。
ちなみに、ある日突然、まるこちゃんシリーズの「俳句教室」を買って、と息子がせがんだのは、こんな背景があったのか、と今にしてわかった私。

秀苦笑1.JPG








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました