So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログパーツ
前の1件 | -

乙な寄り道の場所 ―― 日比谷図書館特別研究室 [雑感]

  家に帰りたくないとき、家に帰ってもしようがないとき、どこに行くか? 
 
  男性ならば、バーや飲み屋に行く人が多いのだろうが、私にはついにそういう習慣が根づくことはなかった。酒は好きなんだけどね。人が(たくさん)いる場所が好きではないし、そういう場所に一人で行くことも、一人でいることも好きではないのである。

  20代の頃は、サウナのあるカプセルホテルをたまに使った。その頃は独身だったから、家に帰っても誰もいなかったのだが、それが嫌でカプセルホテルに泊まることがよくあった。あのカプセルの狭さが自分の身の丈に合っているように感じられたものである。最近は、もはや独身ではなくなって久しいのだが、ここ一年くらい、またたまに、カプセルホテルを使うことがある。横浜スカイビルのカプセルホテルはとても快適だ。でも、なぜそんなところに泊まる必要があるのかって? その点については聞きっこなしということにしよう。


  今日、乙な寄り道の場所を見つけた。日比谷図書館の特別研究室である。日比谷の図書館は、これまでもたまに利用したことがある。素敵な図書館だが、ここの欠点は、いつも、利用者であふれていること。今日初めて4階にある「特別研究室」を利用したのだが、その快適さは私の想像以上だった。

  2時間300円でゆったりとした読書スペースが利用できる有料図書館である。存在自体は以前から知っていたが、無料の座席が満員であるような状況に遭遇したことがなかったので、これまで利用する機会がなかった。今日は、最初からこの研究室目当てに出かけた。午後4時すぎに、初めて足を踏み入れたが、その時、全32席中、利用者はわずか5~6人だった。一番端の席に座って洋書を読み始めたが、二席離れた所にいたのは高校3年生であろう、東大の入試問題を解いていた。日比谷高校の生徒だろうな。

  その高校生もじきに帰った。5時すぎに地下のカフェに食事をしにいって帰ってみると、もう研究室内には誰もいなかった。


20170214_190524.jpg




 カード・キーがないと入れないので、二時間以上、研究室のスペースを一人占めできた。たまに窓外にひろがる日比谷公園の闇とその向こうのビル群に視線を移しながら、洋書をゆっくり読んで時間を過ごした。こんな贅沢なひとときをこんなに割安に利用できるなんて想像してもいなかった。こういう所は、読むべきものをもってないと楽しめないので、その良さを誰もが享受できるものではないが、少なくとも私のお気に入りスポットになることは確実である。

 ただ惜しいのは8時で終わってしまうこと。他のフロアは10時まで開いているのにね。でも、利用者が少ないのだからしようがない。3階に移動してみると、驚いたことに、ほとんどすべての席が埋まっていた。夜の8時でこれかよ! 一瞬絶句した。幸い、退出する人がいたので、その席に座ることができたが、やはり混雑した状況では気が散ってしようがない。少々のお金を払っても4階の研究室に行くのが得策だ、と思った次第である。
 










  
コメント(0) 
前の1件 | -