So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 
前の1件 | -

サンダ対ガイラ セントーサ島の闘い [雑感]

  昔、怪獣ものの映画が盛んに作られた後、マンネリを打破するためか、怪獣同士を対決させるという子供の目にもコミカルに映る作品がいろいろ作られるにいたった。モスラ対ゴジラとか、キングギドラを始めとして怪獣がわんさか出てくるものとか。その一環だったと思うが、「サンダ対ガイラ」という作品もあった。映画そのものは見なかったのだが、映画のポスターが恐ろしげというか、滑稽だったことは今でも覚えている。画像検索したら、たくさん出てきた。




  sanda001.jpg



動画もたくさん見られるのね。一例です。





 こんなことを久しぶりに思い出したのは、数日後に行われる米朝首脳会談のニュースを見ていた時だった。トランプと金正恩が並んでいるように合成された画面を見ていたら、「ああ、サンダ対ガイラみたい」と思ったのである。


 多くの人が思っているほど、世界は賢明さや知性によっては成り立っていない。むしろ、愚かさによって成り立っている。愚かさによって憎しみや紛争や戦争が発生する。その尻拭いも愚かな人間たちによって可能になる。事態は論理的に進んでいる。

 
 トランプや金正恩が英雄視されるようなことは絶対間違っているにちがいないのだが、そうなりそうなのは、歴史の流れそのものが間違っているせいではないのか? ともあれ、こんな対決は嗤いをもって見物するしかないなと思っている。 












コメント(0) 
前の1件 | -